アートメイクは思っていたよりもダウンタイムは短い

徐々に薄くなるから形を変えられる

アートメークやりたいけど…痛い? : 徐々に薄くなるから形を変えられる : 塗る麻酔をしたので強い痛みは感じなかった

タトゥーをしたことがないですが、そういうイメージが強かったので、痛みがとても気になりました。
でも相談してみると、入れ墨やタトゥーは真皮のところまではりを入れて色を入れますが、アートメイクの場合はそこよりも浅いところまでなので痛みもその分少し少なくなりますし、永久的ではないという事をおしえてもらいました。
永久的であればメンテナンスをする必要もないしそっちの方が良いのにと思ったのですが、眉毛にも流行がありますし、薄くなっていった方が流行に合わせて少し変えたりすることも出来るので良いという事でした。
それを教えてもらって納得です。
色も変えたり出来るので、その時の自分に合った形と色を選択することが出来るのでやはり、ある程度メンテナンスが出来たほうが良いというところに落ち着きました。
そこでいよいよ施術を受ける事にしたわけですが、眉毛の形はかなりオーソドックスというところにこだわりました。
細すぎたり太くしてしまうと、1〜2年はそれが続くわけですし、流行にもあまり左右されないでしかもあからさまにメイクをしているという感じの濃いのはいやという事は伝えて施術をしてもらうことにしました。