アートメイクは思っていたよりもダウンタイムは短い

アートメークやりたいけど…痛い?

アートメークやりたいけど…痛い? : 徐々に薄くなるから形を変えられる : 塗る麻酔をしたので強い痛みは感じなかった

美容外科でもいろいろな施術を受けた経験がありますし、そこで必ずチェックをしているのが痛みの程度とダウンタイムについてです。
やはり痛いというのは怖いですし、ある程度であれば我慢できますが、出来なくても麻酔を使えば良いですし、後から痛み止めを処方してもらうというのもありなので、結構大丈夫です。
でも麻酔を使わないことを想定しているところですと、痛みは気になります。
ちなみに今回私が受ける事を決意したのはアートメイクです。
アートメイクというと、主に眉毛やアイラインがあげられますが、私は眉毛をやりたくて色いろ調べていました。
若い時にまゆを細くするというのが流行った時があって、その流れでまゆ尻の毛を毛抜きで抜いていたら、生えてこなくなってしまったのです。
生えてこなくなったという事は、眉毛をかいても落ちてしまうとマロのようになりますし、すっぴんでは常にマロなので付き合い始めたばかりの男性は毎回つっこんできます。
慣れてくれば大丈夫なのでしょうが、いい加減汗をかいたりして眉毛をなおしたりするのもしんどいですし、朝のメイク時間を短縮したいというのがあったので思い切ってアートメイクをすることにしました。

私もアイラインと眉毛タトゥーしたい!笑 けど、眉毛タトゥーしてる叔母ちゃんが結構痛いって言ってたな( ノД`)…

— あっこ (@gee_kkk) June 13, 2013

アートメイク ダウンタイムアートメイク施術後の7日間